ビール粕

ビール粕

ビール粕
ビールを製造する際に発生します。
原料は麦芽です。主として二条大麦(ビール大麦)が使われます。麦芽は粉砕され、湯と混ぜもろみになります。そして麦汁とビール粕に分けます。
この段階では酵母菌を接種していないので、ビール粕にはビール酵母は含まれていません。
さらに脱水機に通してバック詰めされたものが脱水ビール粕です。(乳酸菌等添加された物もあります。)
繊維含量が高く濃厚飼料と粗飼料の中間的な飼料と言えます。栄養成分を把握し、適正な飼料設計を行えば良質な蛋白源になります。
主要成分一覧 (%DM)
水分
60~65%
TDN(牛)
70.6%
TDN(豚) 56.0%
CP 28.4%
NFC 23.7%
NDF 47.1%
Fat  5.2%
※栄養成分はすべて乾物の値
※豚のTDNはNRC SWINE準拠